植民地支配と環境破壊: 覇権主義は超えられるのか

Front Cover
弘文堂, May 30, 2001 - Colonies - 274 pages
「地球を守れ、環境を守れ」は本当か?これまで西欧列強により世界各地で繰り広げられてきた植民地支配。その自然観、覇権思想、生態破壊の歴史を検証しつつ、地域の自然と人間が作りあげてきた生態論理を生かした相利共生の道を提案する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information