緊縮策という病: 「危険な思想」の歴史

Front Cover
NTT出版, Sep 25, 2015 - 443 pages
ギリシア問題の本質は「思想」の問題である。リーマンショック後の世界的な「緊縮」策の流行は、なぜ生まれたか。そしてそれがなぜ間違っているかを「思想」と「歴史」から検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information