体の中の異物「毒」の科学: ふつうの食べものに含まれる危ない物質

Front Cover
講談社, 2016 - Carcinogens - 286 pages
ポテトチップに含まれる発がん物質。マーガリンを構成する不飽和脂肪酸。受動喫煙で浴びる活性酸素。野菜や漬け物に含まれる微量ミネラル...。ごくふつうの食生活から無数の毒性物質が取り込まれている!精妙な解毒システムで対抗する人体だが、時には自ら毒物を活性化してしまう。水や塩でさえ健康被害を及ぼしうる一方、ヒ素のような強毒が、少量であれば有用となることも。食の安全や健康の維持に不可欠な「毒」と「解毒」のサイエンス。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information