仁あり義あり、心は天下にあり

Front Cover
筑摩書房, 2009 - China - 389 pages
清朝末期の混乱の極みにあった1911年、中国初の近代革命となる辛亥革命が起こる。その義挙成功の陰には、アジア解放の夢のもとに、革命の指導者・孫文を助けようと一身を賭した多くの日本人がいた。義によって時代を駆け抜けた孫文と宮崎滔天、山田良政・純三郎兄弟の活躍を軸に、日中にまたがる人間交流を緻密に描いたノンフィクションの傑作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information