帝国・国民・言語: 辺境という視点から

Front Cover
平田雅博, 原聖
三元社, 2017 - Language policy - 289 pages
帝国あるいは近代国家においても、その領域には複数の政治体やネイション(国民・民族)が暮らしており、複数の言語が話されていた。ましてそれぞれの辺境地域では、より錯綜した多言語状況が存在していた。統治する側は、そうした地域の多言語状況をどのように捉え、対応したのか。そしてそこに暮らす人々にどのような結果をもたらしたのかを、検証していく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information