古代日本の国家と仏教: 東大寺創建の研究

Front Cover
吉川弘文館, 1999 - Buddhism - 644 pages
天平の治世、対新羅外交緊迫の危機に直面した。『華厳経』に基く蓮華蔵世界を日本に現出させて新羅を付庸国とするため建立されたのが盧舎那仏・東大寺である。創建過程を明かにし、古代国家における仏教の役割を論ずる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information