冷戦後のアメリカ外交: クリントン外交はなぜ破綻したのか

Front Cover
明石書店, 2005 - 337 pages
イラク問題、パレスチナ問題...現ブッシュ政権は、稚拙に蛇行を繰り返したクリントン政権によって積み残された課題を引き継いだと言ってもよい。今後のアメリカ外交を理解するためには、冷戦終結後の8年間にわたってアメリカ外交の舵取りをおこなったクリントン政権の外交を知ることが不可欠である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information