: カフカ・コレクション

Front Cover
白水社, 2006 - 460 pages
ある冬の夜ふけ、Kが村にやってくる。測量士として城から雇われたのだ。しかし、城からの呼び出しはない。城はかなたにくっきりと見えているのに、どうしてもたどりつくことができない。この城という謎の存在をまえにして、一見喜劇的ともいえるKの奇妙な日常がはじまる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information