西洋政治思想史: 視座と論点

Front Cover
岩波書店, 2012 - 288 pages
正義、自由、富、権力、性など、政治について考えるうえで重要な16のテーマについて、時代横断的に諸思想を概観する。それぞれのテーマについて論点を整理するとともに思想の流れを浮かび上がらせ、現代の問題への分析視座を探る。西洋政治思想史という学問分野への入門書であるとともに、隣接諸領域を学ぶ人々の参考書として、さらには広く市民の「教養形成」のためのテキストとして好適。事項・人名・書名索引、参考文献一覧、西洋政治思想史年表を付す。

What people are saying - Write a review

Review: 西洋政治思想史――視座と論点 (岩波テキストブックス)

User Review  - fudaidsec - Booklog

311.23:Ka Read full review

Bibliographic information