ARIA: 水の都と哀しき歌姫の物語

Front Cover
マッグガーデン, Mar 14, 2006 - 252 pages
2 Reviews
西暦2301年、水に囲まれたネオ・ヴェネツィアで水先案内人として一人前を目指す灯里たちは、ある日訪れた古い劇場で幻の歌劇「水の妖精」を上演させようと資料を探す少年・アッシュに出会う。彼を手伝うことになった灯里たちは、同じく劇場で出会ったアデリーナと名乗る女性が「水の妖精」に関係していることを知るのだが―...。水の星を舞台に繰り広げられる、一遍の歌劇に秘められた出会いと別れ...。アッシュと灯里たちは、無事上演を果たすことが出来るのか。

What people are saying - Write a review

LibraryThing Review

User Review  - keristars - LibraryThing

The third volume of the ARIA series is another beautiful, serene, slice-of-life book. The focus this time is on the celebration of spring and friendship. In the first Navigation (#11, The First Gale ... Read full review

LibraryThing Review

User Review  - Shimmin - LibraryThing

More gentle fun, and a bit more character exploration this time. Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information