プルートーンの火

Front Cover
七つ森書館, 2001 - Nuclear accidents - 709 pages
科学の世紀を疾走した高木仁三郎の思索・研究と運動の旅程。あきらめから説し、“希望”の種子をまき、育てていこうと呼びかけ、生涯を脱原発に捧げた“市民科学者”の全容を記録する。プルトニウム論を中心に構成。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information