殿中: 鬼役

Front Cover
光文社, 2020 - 334 pages
「お命を頂戴いたす」将軍家毒味役矢背蔵人介は、下城途中で刺客に襲われる。襲われた理由は、先日、老中水野越前守忠邦の命を救ったからだという。難なく刺客を制したものの、刺客の素性を調べ始めたところ、紀州の材木問屋の存在が浮かび上がってくる。「奸賊を討て」と無頼たちを煽る黒幕の正体とは―。鬼役が己の心に従い悪を斬るシリーズ三十一弾。文庫書下ろし長編時代小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information