迷宮としての世界: マニエリスム美術, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2010 - 445 pages
ルネッサンスは自然の理想化的表現に至ったが、ミケランジェロにはすでに調和的な古典主義と異なる表現が現われていた。主観にもとづく精神の創造力に価値をおくマニエリスムは世界を迷宮としても表現し、二十世紀復権する。膨大な例証による詳説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information