ナショナリズムと想像力

Front Cover
ポストコロニアリズムとフェミニズムの交差点から、国際社会の文化政治学へ理論的に介入し続けるスピヴァク。母国インドの解放・独立に沸く幼年時の高揚した記憶をもとに、難解とされるサバルタン理論構築の源泉と現場をやさしく語る。最良のサバルタン理論入門。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information