評伝野上彌生子: 迷路を抜けて森へ

Front Cover
新潮社, 2011 - Authors, Japanese - 215 pages
夏目漱石の指導を受け、二十二歳でデビュー。生涯休むことなく小説を書きつづけ、百歳直前にしてなお傑作『森』をものにした野上彌生子。中勘助への秘めた初恋の想い。野上豊一郎との勉強仲間のような夫婦生活。六十八歳になってから恋文を交わしあった田辺元。死の瞬間までアムビシアスでありたいと願った彌生子の書き下ろし評伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information