美人好きは罪悪か?

Front Cover
筑摩書房, 2009 - Feminine beauty (Aesthetics) - 260 pages
男同士の美人談義は、なぜか熱くなりやすい。「雨夜の品定め」の時代からミスコンテスト反対論議のあった時代を経て、男が何人か集まれば、今も行われる会話である。では、果たして美人好きは罪悪なのか?小説のヒロイン、ロリコンや萌え、髪型やヌード、歴史上の美人などさまざまな観点から、新しい「美人論」を展開する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information