対立と協調の経済学: 「進化ゲーム理論」による「社会的ジレンマ問題」への処方箋

Front Cover
工学社, 2009 - 191 pages
「進化ゲーム理論」では、「コンピュータ選手権」によって「マクロ的な動学的調整過程」の分析が有名であるのに対して、「ミクロ的な調整過程」の分析についての体系的な分析は、意外になされていない。しかし、「対立と協調」が先鋭化しつつある情報化社会では、「ミクロ」の分析は有益なアプローチの一つとして、今後期待される。本書は、ミクロ的な調整過程の分析を中心に、「進化的安定性」の条件導出のため、「集団安定」から「領域安定」、さらには「近所付き合い」と分析を進めることによって、個々の協調の進化過程を明らかにし、ひいては社会全体の安定性の仕組みの構築を明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information