漱石入門

Front Cover
河出書房新社, 2016 - 300 pages
漱石はなぜ、いつ読んでも「新しい」のか。漱石研究の第一人者が六つのテーマ―「次男坊」「長男」「主婦」「自我」「神経衰弱」「セクシュアリティー」―から、深く読むための基礎知識と歴史的背景を解説。国民作家のイメージにとらわれない多様な読みへと読者をいざなう。漱石をこれから読む人にも、かなり読み込んだ人にも。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information