ホスピスが美術館になる日: ケアの時代とアートの未来

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2010 - 312 pages
20世紀のアートが「デザイン」であったのならば、21世紀のアートは「ケア」である―。本書は、ホスピスでの実践、英国の福祉・芸術の動向、障害者の創作の場である「アトリエ・インカーブ」の取材等を通して、アートの側から新たなケアのあり方を模索するとともに、従来のデザインや芸術教育に対して警鐘を鳴らし、次代のアーティストの役割を展望する試みである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information