岩波講座東アジア近現代通史: 1920年代

Front Cover
和田春樹
岩波書店, Mar 29, 2011 - East Asia - 381 pages
社会主義、民族自決、ナショナリズム、民主主義、平和主義などさまざまな思想潮流が現れ、第一次世界大戦への反省に基づき国際連盟が組織されるなど、一九二〇年代は「新しい時代」の始まりであった。欧州に代わり、アメリカ合衆国とソヴィエト連邦の影響力が強まり、ほとんどの地域が欧米諸国の植民地であった東アジアでは、自由主義、民族主義、民主主義などの思想とともに、社会主義やコミンテルンの影響によって、各地で自治や独立を求める動きが強まっていく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information