青年社長上: 若き起業家の熱き夢と挑戦

Front Cover
ダイヤモンド社, 1999 - 349 pages
「大人になったら必ず会社の社長になる!」父の会社の倒産、母の病死という悲しみを経て、幼い渡邉美樹は決意を固めた。大学を卒業した彼は、不屈の闘志で資金を集め、弱冠24歳にして外食系ビジネスを起ち上げる。信頼で結ばれた友人・最愛の伴侶とともに、順調に会社を軌道に乗せた矢先、最初の挫折と、大企業との提携というチャンスが同時に訪れた。経済小説の第一人者が贈る、最新・実名企業小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information