社会契約論/ジュネーヴ草稿

Front Cover
光文社, 2008 - 575 pages
「ぼくたちはルソーの語る意味での主権者なのだろうか、それともルソーが嘲笑したように、選挙のあいだだけ自由になり、そのあとは唯々諾々として鎖につながれている奴隷のような国民なのだろうか」(訳者あとがき)。世界史を動かした歴史的著作の画期的新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information