生きる知恵を学ぶ

Front Cover
岩波書店, 2003 - 304 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
この混迷の時代を、私たちはいかに生きていくことができるのだろうか。本書では、一遍、最澄、世阿弥、白隠、良寛、利休、芭蕉という先人達のさまざまな生き方をたどり、その思索に触れ、人生とは何か、生きるとは何かを問い、私たちが生きる知恵を学ぶ。わかりやすい語り口で、深遠な内容を平易に語る日本文化論への入門書でもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information