疼くひと

Front Cover
中央公論新社, 2021 - 266 pages
女のままでいたい。たとえどんなに孤独でも。―脚本家・唐沢燿子は古稀を迎え、日に日に「老い」を感じていた。しかしSNSで年下の男と出会い、生活が一変する。男の言葉に一喜一憂するうちに、身も心も溺れていく燿子。人生後半から燃え上がる、大人の恋の行方は...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information