それはどっちだったか

Front Cover
彩流社, Mar 31, 2015 - 477 pages
災厄の果実が、またひとつ増えていく―南北戦争前のアメリカ南部の田舎町インディアンタウン。“嘘”をつくことによって果てしなく堕ちていく町の名士。恐怖と笑いが入り混じる独特の筆致で浮かび上がるトウェインの鋭い人間観察と、同時代アメリカへの批判的精神。晩年の幻の「傑作」、本邦初訳!原型となった短編「インディアンタウン」(1899)も収録(本邦初訳)。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information