新編不穏の書、断章

Front Cover
平凡社, Jan 10, 2013 - Poets, Portuguese - 371 pages
「フェルナンド・ペソアの書くものは、実名と異名と呼びうる二つの作品のカテゴリーに属している。...異名による作品は作者の人格の外にある。」―別の名と別の人格をもつ書き手たちの作品群が、ペソアという文学の場で、劇的な空間を開いている。20世紀の巨匠たちの列に最後に加わったポルトガル詩人、ソアレス名義『不穏の書』と、本人名義と複数の異名者の断章を旧版を大きく増補・改訂した新編集で。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information