中世の時と暦: ヨーロッパ史のなかの時間と数

Front Cover
八坂書房, 2010 - 278 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
中世の人びとは、どのようにして時間を数えたのか、そしてまた、後世のわれわれに何を遺したのか?“コンプトゥス=暦算法”という語を手がかりに、西欧の時間意識の変遷をたどる刺激的な論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information