他人(ひと)まかせの自伝: あとづけの詩学

Front Cover
岩波書店, 2011 - 142 pages
パリのカフェの小さなテーブルで、ふと耳元によみがえった亡き父の声。それは夢で聴いた声であり、そこからある物語が生まれた―。世界文学の旗手として注目される著者が、自作を手がかりに創作の契機を綴る。フィクションと現実を行き来するように語られるエッセイ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information