きょうりゅうローリー はじめてのひとりたび

Front Cover
潮出版社, 2021 - 32 pages
非常にかわいらしいキャラクターデザインで、日本人にも受け入れやすいものになっています。
それもそのはず、作者は「ザ・シンプソンズ」のキャラクターアーティストとして活躍していた方です。
普遍性のあるデザインはその経験から生まれていると思います。本書はシリーズの第1作。
アメリカでは3作まで発売をされています。

元気なローリーと、それを見守る優しいお父さんの父子の絆の物語です。
お父さんが読書をしていた日、ローリーは一人で冒険に出かけます。
大好きなおもちゃとお弁当を持って、意気揚々と出発。
道中様々なトラブルに見舞われるも、無事に冒険を成し遂げ、いきいきとお父さんに報告をします。
家にいるはずのお父さんは疲れ果ててボロボロになっています。
ローリーが無事に冒険を終われるよう、ずっと陰で助けていたのです。
次は一緒に冒険しようねというローリーに、お父さんは優しく次はいっしょに連れていってほしいなと言って家に入っていきます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

「シンプソンズ」のキャラクターアーティストとして活躍。

Bibliographic information