雪女

Front Cover
偕成社, 2000 - Folklore - 35 pages
ある寒い夕暮のこと、ふたりの木こりがひどい吹雪にあいました。ふたりはとりあえず、渡し守の小屋に逃げこんで、入り口の戸をしっかり締め、頭からみのをかぶってごろりと横になりました。いつとはなしに眠りこんだ顔に雪があたって、驚いた若い方の男が目をさますと、締めたはずの入り口の戸があいていて、白装束の女が、年老いた方の男の上にかがみこんで、白い息を吹きかけています。と、きゅうに、その女がふりむいて若者の方に身をかがめてきました。見れば女の目は、ぞっとするほど怖ろしい。だが顔は、ひじょうに美しい...。日本の伝説・奇談に魅せられた小泉八雲の傑作物語。伊勢英子が絵本化。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information