小選挙区制と区割り: 制度と実態の国際比較

Front Cover
芦書房, 1998 - Election districts - 248 pages
議員定数配分と選挙区画定は選挙制度の根幹である。一票の価値の平等と特定の党派・集団に有利にならない選挙区割りが要請される。本書は、小選挙区制を採用する諸外国における議員定数配分と選挙区画編成の実態と問題点を、国政・地方政治のレベルで実証的に検討し、日本における問題点と改革の方向性を指摘する。比較選挙制度研究に一石を投じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information