「自己責任」とは何か

Front Cover
講談社, May 20, 1998 - 214 pages
無責任システムを放置したあげく、突如わき起こった「自己責任論」の大合唱。結局、誰が「責任」をとるのか!?―「公」と「私」、「責任」の東西比較、戦後体制の本質。この国の病根を深く洞察した警世の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information