韓国社会とジェンダー

Front Cover
法政大学出版局, 2002 - Feminism - 312 pages
韓国社会における男女の生きざまと家族のありようを人類学的視点から分析・検討し、男女の自立と共生をすすめることにより植民地的近代性の克服をめざす。気鋭の文化人類学者・フェミニズム研究者による韓国社会論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information