経済学による政府の役割分析

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2001 - Economic policy - 290 pages
本書は、わが国の大きな転換点の中の政府の役割を、経済学のさまざまな分野から多様な手法をもって分析したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information