プロセス・コンサルテーション: 援助関係を築くこと

Front Cover
白桃書房, 2002 - 349 pages
健全な援助関係は効果的なコンサルテーションを行うのに不可欠である。助言者がODコンサルタントであろうと、あるいはセラピスト、ソーシャルワーカー、管理者、親、友人であろうと、助言者と被助言者との間のダイナミクスを理解し管理するのは容易ではない。コンサルタントとしての40年を越える経験をもとに、シャインは援助の一般理論と方法論を構築している。これによって、さまざまな読者集団が、うまく援助プロセスを進めていくことができるようにしてある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information