傷ついた物語の語り手: 身体・病い・倫理

Front Cover
ゆみる出版, 2002 - 326 pages
フランクの言葉は、自らの重篤な病いの経験に根ざしながらも、他の多くの病いの語りと呼応し、この時代の諸々の思考の流れと交錯していく。時にそれを取り込み、時にはそれに反発しながら、経験をひとつの社会的な思想へと結実させていくプロセスは、そのまま著者の闘いの軌跡でもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information