ビザンティン・ロシア思索の旅

Front Cover
山川出版社, 2002 - 368 pages
1973年、筆者はギリシャの聖山アトスを訪れ、ヨーロッパのキリスト教世界を二分する東方正教会に触れた。ロシアではロシア正教、ギリシャではギリシャ正教とよばれる東方正教会の姿はあまり知られていなかったが、年月をかけてこの地を歩きつづけ、もうひとつのヨーロッパ像が見えてきた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information