金融グローバル化の危機: 国際金融規制の経済学

Front Cover
1997年のアジア通貨危機、98年のロシア危機、ヘッジファンドLTCMの破綻...国際的な金融の自由化は必ず利益をもたらすという前提はもはや崩れた。今日、一経済主体のリスク管理の失敗が一国経済のパフォーマンスの悪化、市場の不安定性を招き、それが世界規模で伝染する。金融の自由化による利益とコストを見据え、国際金融市場の監視と規制、そのための国際機関の必要性を提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information