岩波講座物理の世界力学

Front Cover
岩波書店, 2004 - 86 pages
物理学は、実験や観測を駆使して得られた知識を数学的な法則として表現する。数学的に表現された法則は、数学独自の“物語”をもって深化していく。本書では、物理の対象としてなじみ深い質点の力学を対象に、よく知られた運動量やエネルギーの保存側などの背後に潜むより深い法則性を探っていく。物理学の数理的側面への読者の関心を呼び起こすのが本書の目的である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information