数理パズルのはなし: 知的に遊ぼう

Front Cover
日科技連出版社, 1998 - 212 pages
本書では、どこかで見たことのあるパズルを、どこでも見たことのないレベルに掘り下げていこうと思います。たとえば、4枚のコインの中に潜む1枚のにせ金を2回の天秤測定で確実に見つける問題は、たいていのパズルの本に出ています。ところが、「12枚の中から3回で」となると、かなり気張ったパズルの本でないと紹介されていません。まして、「n枚の中からk回で」を調べるためには、大きな図書館で文献を探さなければならないでしょう。そこで、この本では、すべてのパズルをそのレベルまで数理的に掘り下げています。まず、古くから多くのパズル愛好家や数学者たちを悩まし続けてきた代表的なパズルを中心に据え、さらに、近年になって脚光をあびているトポロジーに関する問題や、算術オリンピックなどに出された問題のうち、数理パズルにふさわしいテーマも加えています。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information