独立の時代: アメリカ古典文学は語る

Front Cover
入子文子, 林以知郎
世界思想社, 2009 - 268 pages
アメリカ文学・文化の「独立」を目指したクーパー、アーヴィング、ホーソーンなど広義のアメリカン・ルネサンスの作家たちは、彼らの国の「独立の時代」をいかに語り直したか。「独立の時代」は「危機の時代」でもあった。アメリカ古典文学のテクスト精読を通して、現在のアメリカの危機をも脱領域的に考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information