木が人になり、人が木になる。: アニミズムと今日

Front Cover
人文書館, 2005 - Animism - 262 pages
自然に融けこむ精霊や樹木崇拝の信仰など、民族文化の多様な姿を通して、東洋的世界における人間の営為を捉え直し、人間の存在そのものを問いつめ、そこから人生の奥深い意味を汲み取ろうとする。第16回南方熊楠賞受賞決定。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information