地球環境読本: 人間と地球の未来を考えるための30のヒント

Front Cover
加藤尚武
丸善, Jul 10, 2001 - 207 pages
現状では、環境を守るための課題はあまりにも重くて厳しい。しかし、本書を読めば、われわれ現代の人類には解決の可能性がまだ存在すること、一つ一つの問題解決を積み重ねていく持続性、さまざまな問題のつながりをしっかりと見極めていく組織性が発揮されるなら、問題解決が可能であることが分かるはずだ―。環境問題の究極の解決がどのような方向に開けているかをじっくりと考えるためのヒント満載。「環境教育」の題材としても最適。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information