ふしぎな部落問題

Front Cover
筑摩書房, 2016 - Buraku people - 285 pages
二〇〇二年に同和対策事業が終了した。しかし、それは部落差別がなくなったことを意味するわけではない。インターネット上には、どこが部落か、などといった情報が氾濫している。一方、差別を解消しようとする部落解放運動も時を経て、変化を余儀なくされている。「歴史」から学び、「メディア」によって現在を知り、「地域」から未来の方向性を模索する、これまでにない部落問題の決定版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information