個人データ保護: イノベーションによるプライバシー像の変容

Front Cover
みすず書房, 2008 - 291 pages
本書は個人データ保護について、論点を市民生活と先端技術と法制度とのあいだの軋みにしぼり、ここに生じる法の欠缺(けんけつ)と技術の過剰とを指摘し、利害関係者の意見を列挙し、その評価を試みる。ここではアメリカにおける歴史的経験を中心におき、先端技術にかかわる判例を多数引用、要所を押さえた問題提起がなされている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information