ニーチェ入門

Front Cover
筑摩書房, Sep 20, 1994 - 237 pages
ルサンチマンの泥沼のなかで「神」や「超越的な真理」に逃避するのか、あるいは「永遠回帰」という「聖なる虚言」に賭け、自らの生を大いに肯定するのか?二十世紀思想最大の震源地ニーチェの核心を果敢につかみ、その可能性を来世紀に向けて大胆に提示する、危険なほどに刺激的な入門書。

What people are saying - Write a review

Review: ニーチェ入門 (ちくま新書)

User Review  - chabin - Booklog

http://d.hatena.ne.jp/takagyi/20110101/1293881779 Read full review

Review: ニーチェ入門 (ちくま新書)

User Review  - yuichi - Booklog

http://www.thenietzschechannel.com/ Read full review

Bibliographic information