高橋亨朝鮮儒学論集

Front Cover
知泉書館, 2011 - 480 pages
高橋亨(1878‐1967)は戦前戦後を通じて活躍した朝鮮思想研究の第一人者である。戦前は生活・研究の拠点を朝鮮に置き、京城帝国大学で教育と研究に従事、戦後は天理大学において朝鮮学会の創立・運営に関わった。本書は高橋の朝鮮儒学関連論文を編修校訂し、原典に翻訳を付して読者の便を図った初めての論文集である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information