蘭学に命をかけ申し候

Front Cover
皓星社, 1999 - Danish language - 332 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
本書は近代国家建設のため、理想に命をかけた五人の蘭学者の物語である。彼らは鎖国時代、民衆の生活に益するため唯一の外国語オランダ語を学び研究して、蘭和辞典、蘭文典を翻訳編集した。今も使われている“鎖国”をはじめ、“鎖骨、演説、接吻、水素”のような言葉や“彼等ハ初恋デアル”のような新しいいいまわしも彼等の創訳である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information