意味の文明学序説: その先の近代

Front Cover
東京大学出版会, Oct 5, 2001 - Civilization, Modern - 356 pages
ケアと支援の社会を構想。人間存在にかかわる意味の視点から近代文明を問い直し、情報社会論やポストモダン論を射程に入れつつ、機能主義的理性に汚染されない意味作用の復活と公共性の開示をはかる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information