国土開発と自治体法政策: 国土開発と環境保全の実証分析に基づく上流地域からの提唱

Front Cover
公人の友社, 2001 - Environmental protection - 250 pages
本書の目的は、第一に、全国に先駆けて自治事務条例により開発規制を行ってきた山梨県の大規模土地政策を実証的に分析することにある。第二は、既成の土地利用条例の限界点を示すことである。第三は、これらを踏まえた上で、憲法及び新地方自治法の基本理念のもとに、上流地域に位置する山梨の森林土地をいかに守り育むか。そのための自治体法政策は、今後、どのように展開されていくべきかを考察することである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information